サテ・イカンでランチ♪ ムルタ・サリ Mertha Sari 〜2013バリ旅行8

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
投稿日:


さて、ゆるゆるとバリ旅行のお話。
Semar Kuning スマール・クニンでばりアートを手に入れたあとは、一路ダブルイカットの村、トゥガナン村へ…とはならず。
まずは腹ごしらえと行きましょう!
地元の方が食べに行くような食堂・ワルンへ行きたいとお願いをしていたところ、ガイドのパンちゃん「魚はどう?」と。
なぜパンちゃんが魚を勧めたかは、後々知ることになる…のはまた別のお話。
ぶどうさんのこの日の日記はバリ島13’ その6. サテイカンでランチでご覧下さい♪
今回の旅行をgoogle mapにまとめ中。
随時追加して行きます。


バリマップ2013

※クリックするとgoogle mapを表示します。
地図のポイントは、おおよその位置です。明確な住所や位置がわかっていないところも多いので…(^^;;


Mertha Sari ムルタ・サリ
Pesinggahan プシンガハンのゴア・ラワ寺院の近くのようです。
地元のお客さんが多く、けっこう人気なのだとか!

大きな建物ですが、やはり壁がない。
向かって左手では、職人さんたちが何やら焼いている様子。
まずは中へ入りましょう!

広い!
縁台が並び、その上に腰掛けて食べるスタイル。テーブルはありません。
お料理は縁台の上に並べます。
ちなみにこの画像は、私たちも食事を終え、昼時の混雑が終わったころの画像。
店に入った時は、ちょうどお昼時で満員でにぎわってました!
ご近所さんらしき家族連れをはじめ、ばりっとしたお揃いのシャツの一団も。
近場のお役人さん?たちらしい。
混雑しているけど、わりと静か。
というのも、バリではもともと食事中に話したり団欒したりするという習慣がないのだそう。
あら!
じゃあおしゃべりしながら食べている私たちは、端から見たらお行儀が悪く、周囲の人たちに不愉快な思いをさせているのでは…!?
パンちゃん曰く、最近はいろいろだし、観光客は気にしなくてもいいとのこと。
ほっと一安心。

屋根を内側から見るとこんな様子。
うーん、美しい!
さて、メニューはパンちゃんにおまかせ。
あれこれ見繕って注文してくれます。
私たちは好き嫌いもアレルギーもないから、何でもウェルカムよ!!

うーん、たっぷり!!
さて、これらが何かと言うと…

この店のメインは、サテ・イカン(Sate Ikan)。
「サテ」が串焼き、日本の焼き鳥みたいなスタイル。
「イカン」が海鮮。
日本だと魚の種類までしっかり表示したりするけど、こっちはおおざっぱに「なんかの魚」的な扱いみたい…。
あ、でもなぜかツナはツナみたい(^^;;
なぜだろう?
左奥のさっぱりとした塩とスパイス風味のもの、
右奥の甘辛いタレのもの(これがツナだった)、
そして手前の練り物のようなもの。(これを焼いているところは後で登場)
どれもシンプルな味付けで美味しい!おかわり〜!
よう食べる日本人。

なんだか画像的には地味なスープ、バクソ・イカン。
ツミレのような魚のお団子と、細かい野菜が浮いてる感じ。
でもこれが、ニンニクが効いてて、複雑なスパイスがかなりホットで(ターメリックとクミンの香りを感じたわ)、美味しい!
南インドのサンバル的なイメージ。
バリでサンバルと言うと違うものなんだけどね。

サンバル マター(フレッシュサンバル)。
サンバルと言うと、

こういう、真っ赤なチリソースのようなものが有名なのですが、これはいわゆる市販品。
各家庭やお店では、その家庭や店ならではの手作りのサンバルが出てくるのだそう。
そして、真っ赤なチリソースもあれば、生のフレッシュな野菜を刻んで合わせたようなサンバルも。
紫タマネギのように見えるのは、「Bawang Merah バワンメラ」と呼ばれるバリの赤い小さなタマネギ。
このあとスーパーや市場で見かけました。
そして、たっぷりのフレッシュなバリの唐辛子。これも赤いのやら青いのやらいろんな種類が!
そして、ニンニクかな。
これが、辛い!
ビックリするほど辛い!!
最初さっぱりしているのだけれど、あとからオデコに汗がにじむほど辛い!!!
でも、旨いのはなんでだ!?

野菜の和え物。インゲン豆みたいなの。
これが、辛い!!以下同文。
この地味な見た目に反して、これが一番辛かった!!
パンちゃんが心配して「パンちゃんでも辛い!日本人はお腹壊すかもしれないから、食べなくていいからね」と言ってくれる。
でも食べる。たくさんは食べられないけど、食べる。
なぜかというと、単品で食べるものじゃないからなのね。

単品だと火を吹くほど辛いけど、
こうやってごはんの上にあれ乗せてこれ乗せて、汁かけて、グチャグチャして食べると渾然一体となって旨いのだ!

そうそう、この辛くない豆がとてもいい仕事を。
ピーナッツのようなこの豆、辛さの中でホンワリと香ばしく、救世主のよう!
そして、辛さに喘ぐ私たちの救世主、

teh botol!!
激甘すぎる紅茶…!
最初はビンタンビール呑んでたんですが、ビールではこの辛さに太刀打ちできない!と、パンちゃんたちの真似をしてこちらに。
激甘さがそのうち病みつきに(^^;;

パンちゃん&ムラちゃんコンビ。
とってもマメマメしくかいがいしい、頼りがいのあるガイドさんとドライバーさん。
ああ、おなかいっぱい!と外へ出れば、

お店のサイドで、先ほどのサテ・イカンを焼いている職人さんたち。
お願いして写真を撮らせていただきました。

もうもうと立ちこめる煙の中、大きな団扇で扇ぎながら。
うーん、いいにおい。

おそらくバナナの葉っぱで巻いて、爪楊枝のようなもので留めたものを焼いている。
これがさっき食べた、平べったいツミレのようなものなのね。

生の葉っぱが焦げるほどよーく焼いて。

ああ、美味しかった!
辛かったけど美味しかった!!
—————————————-
ムルタ・サリ Warung Mertha Sari
Desa Pesinggahan Kb.Kulungkung
—————————————-

ランキングに参加しています♪ポチッと一押し、応援して下さったら嬉しいです!

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA