俺たちの国芳 わたしの国貞展(ただし神戸)& 手作り団扇のおハナシ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

俺たちの国芳 わたしの国貞展、現在は名古屋で開催中ですね。

私が行ったのは神戸でしたので、これは夏の日のおハナシです(今となっては寒々しい!)。

ところで、今回ブログを書くにあたって確認して初めて気がついたのですが、「俺たちの」国芳、でも「わたしの」であって「私たちの」ではないのね。何か意味が?それともゴロの問題?

それはさておき。

img_3335art

 

この浴衣の柄の猫髑髏、髑髏下駄は、会場限定ガチャガチャでものすごく人気だったそうですね。

私は最終日近くに行ったので、全て売り切れでした。残念!

会場では撮影ポイントがあると聞いていたので,喰いしん坊オットotto共々、浴衣で出かけましたよ。(くどいようですが、8月のおハナシです)

 

img_3333art

喰いしん坊オットottoは毎度お馴染み三升柄の浴衣、浮世絵観に行くならこれしかナイって、本人のこだわり。

 

ちなみに後の看板の女性の,大きめな格子柄が素敵なんですよね。

今回の展示、衣装をチェックすると言う意味でもものすごーく面白かった!

でもあまりにも点数が多いので、もっと時間をゆっくり取って行けばよかった…と後悔することしきり。

これからいらっしゃる方は、ぜひたーーーーっぷり時間を取っていらっしゃることをおススメします!

 

img_3321art

私は藍染の絞りの浴衣で。

浮世絵に描かれた浴衣も、絞りが多く手すきですね。

ところでこの手にしている団扇、先日ふと思い立って作ってみたもの。

100均の無地団扇(これに絵を描いてオリジナル団扇を作る用らしい)の片面をべりべりっとはがし、そこに自分で制作した切絵を貼りました。

イメージは、髑髏の耳元で北斎のタコが愛を囁く的な。

まあ、団扇の画面に収まるようにというのと、私の切絵の腕で制作可能な範囲にずいぶんアレンジしましたが。

 

img_9605art

うーん、まだまだデキがイマイチ。

一番の問題点は、急に思いついて家にあるアート紙を適当に選んで切り始めたために、接着向きではなかった点。

細かい部分が剥離してきそうですわ。

でもあまり薄い紙だと、カットするのが私の腕では難しい…今後の課題ですわ。

あと、下が気の鉛筆線が残っているのは、雑な性格のせいね。あかんやん。

 

さて、会場へ。

神戸市立博物館の広々とした吹き抜けのエントランスに、セットが組まれていました。

「五拾三次之内 岡崎の場」が、等身大のセットで再現されています。

なかなかのクオリティ!

 

img_3312art

 

近くに手ぬぐいや猫耳wもあったので、かぶればよかった!でもあまりにも時間がなかったの…。

喰いしん坊オットottoは猫又と一緒に踊る!

 

img_3313art

 

そういえば,以前浮世絵の展示で「立版古」を観ましたが、その等身大バージョンって感じかしら!?

「立版古(たてばんこ)」というのは、江戸時代のペーパークラフトで、錦絵を切って組立てて楽しむもの。

「おもちゃ絵」などとも呼ばれて、当時子供のおもちゃとしても大人気だったそうです。
私が見たのは、風景を描いたものや、舞台を再現したものでした。すごーく細かく描かれていて、子供だけでなくオトナも夢中になってしまいそう。

でも、そうやって切って組み立てられて遊ばれていたので、現存しているものはものすごく少ないのだとか。

 

点数も内容も、そして遊び心もターップリな充実した展覧会でした。

現在名古屋で、その後はまたどこか移動するのかな?

 

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへにほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

rakuten_bn01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA