2016年7月24日

★破れた羅の帯を作り帯にした

以前、呑みトモダチとみんなで着物ランチ会〜ハシゴ酒をした日のこと。
その日のお話はこちら>そろそろ薄物、着物でランチ会 〜花隈 佐々木

ほろ酔い加減で、ちょうと元町の着物リサイクルのお店・最旦館ケイコさんの近くを通ったのでみんなで覗いてみたのでした。

私は「ちょっと可愛いめの気軽な夏帯が欲しいな〜」なんて思っていたのですが、ちょうどドンピシャ!の帯を、しかも超特価で発見。
あまりにお安いのでお店の方に尋ねたら、「残念ながら破れているところがあるんですよ〜。」と。
広げて見ると、ちょうど二巻き目の下側、輪になっているところが20センチくらいに渡ってボロボロ。



一体何をやったらこんなになるんでしょ!?
他の部分に汚れはないし、むしろ使用感もほとんどないんですよねぇ。
ここだけが見事にボロボロ。
気に入って使って使って使い倒して破れてしまったというよりは、何かに引っ掛けた?何かで思いっきり擦った!?てな感じ。

シラフのときだったら、「あー、直すのも手間だしやめとこ。」となるのかもしれませんが、げに恐ろしきは酔っぱらいの大きな気分。
「あー、こんな位だったら作り帯にしちゃおう!」と勢いよく買ってしまったのでした。
まあ、超特価も超特価、プチプラだったしね。

というわけで、後日改造に取りかかりました。
久しぶりの作り帯制作。
これで三本めかな?
以前はこんな感じ>針も糸も使わず、作り帯を作ってみた。
あ、一本めの和裁教室で習った作り帯の日記が見つからない...。

それはさておき。
まず、サイズを測って、手の部分(松葉仕立てだった)、胴に巻く部分、お太鼓の3つに分割。
破れた部分を裏側から、100均ダイソーの補修布(厚手)でがっちり補修。
表からはこれ以上ほつれないために、布用の液状のボンドで補修。この部分は一巻きめの見えない位置に隠れるようにしますからね。かなりガッツリ補修&補強。


ただ、残念なことに、全通柄(羅でもこう呼ぶのかな?)ではなく、もともとの一巻きめの部分と二巻きめの部分は折柄が若干違う。
二巻きめの元々表に出る部分の方がやはり若干凝った織り柄なのですね。
一巻きめ部分はただのストライプだもん。
ま、たいした違いでナシ、(ザツイ>自分)気にしないっと。

端に腰紐を縫い付けて、と。
腰紐はかなり短め、あまりグルグル巻き付けたくないので。これでもしっかりとまると思うんだけど、市販の作り帯って紐長くないですか?
私使い方間違ってるのかな...。


胴に巻く部分は通常半分折にするのでしょうが、私は身長が高めなのでできるものは幅だしして折っています。
今回、痛んでいる部分をこれ以上痛めないためもあって、かなり幅だしします。
裏から見るとこのくらいの差。



端っこは、斜めに折ってかがって。
紐を縫い付けるところは、中に余った補修テープでがっちり補強、半返し縫いで二列に塗って。


さて、お太鼓の部分。



背中側の部分は、端の処理を三つ折りにして...縫うのが面倒くさくなって、これもダイソーの裾揚げテープで接着してしまいました。
手の部分は、端を内側に織り込んで、背の部分に縫い付け。
タレの部分は元々のタレをそのまんま。

折り畳むとこんな感じ。



お太鼓の形は縫い付けて固定せずにおきました。角出しふうにすることもあるので。
そのために、ちょっと手は長めかな。

さて、そのうち使ってみようっと。


ランキングに参加しています♪ポチッと一押し、応援して下さったら嬉しいです!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

2016年7月19日

★東京のもつ焼きが、大阪でも食べられる! 〜もつ焼き 寅屋天満

一昨年、昨年は諸事情により月に数日東京ですごしていたのですが、東京の昔っからあるような居酒屋さんにはハマりましたねぇ。
月島の岸田屋さん、牛もつ げんきにはしょっちゅう通ったし,他にもいろいろ。
またブログに書くこともあるかも知れません。
そんな中で、かなりインパクトあったのが京成立石の「宇ち多゛ 」さん。(うちだ、と読みます)
この日のハナシは、喰いしん坊オットが、ブログに書いてます。
>もつ焼き 宇ち多゛ 呪文が飛び交うココは異界か聖なる地か!?

その宇ち多゛ さんのもつ焼きをリスペクトしたお店が、大阪の天満にあるというのでお邪魔してきました。
東京にも何店舗かあるお店だそうです。

環状線の天満駅を降りて,改札を出たらもうすぐそこがお店!
この日の着物は、しじらに麻の帯。
半衿もしじらでさっぱりと。


中はカウンターだけの立ち呑みスタイルです。
午後の3時から開いているのですが、すでに満員に近いのがスゴイ。
こちら、お店の景色は撮影禁止。
ただし手元の自分のお料理を撮るのはOKとのことでした。


さて、暑いから最初はクーーーーッとビール...と思ったけれど、ここはバイスサワーを。
バイス=梅酢。
東京の居酒屋さんであちこち見かけました。
関西ではあんまり...と言うか見ないよね。
ほんのり,ホントほんのり紫蘇風味でさっぱり炭酸割り。



さて、最初はすぐに出てくるメニュー、煮込みをオーダー。
これも東京居酒屋の定番メニューですね!お店お店の味があって面白いものです。
こちらのは柔らかくあっさり目のお味。


ハツ刺し(生じゃなくてボイルね)はポン酢ダレでさっぱりと。
独特の食感が美味しい!



ちょっと不思議な見た目だけど。こちらもコリコリと食感が楽しいコブクロ刺し。
胡麻油が効いてます。



さて、のんびりアテをつまみながら、隣り合わせた常連さんたちとおしゃべりしながら、まったりと呑んでいるうちにそろそろ焼き物たちが登場。
メニューは基本、単一料金、焼き物は一皿串2本。
味付けは、塩・タレ・素焼きと選べます。


ハツ塩。
私はやっぱり塩物が好きだなぁ。



ハラミの塩!
これは旨い!



レバーのタレ。
ぶりぶり。



これは注文間違い?で余ってたみたいなのでいただきました。
レバー塩。レバーかぶっちゃったけど好きだからいいや!



これがなんだったか思い出せない...
脂ノリノリで美味しかったのに!



途中でお口のリフレッシュ、お漬け物盛り合わせ。
紅ショウガが乗っているところも、宇ち多゛ さんリスペクト。



さて、そろそろお酒は次に行こうかな。
こちらも東京居酒屋の定番、梅割り。
グラスも宇ち多゛ さんそっくり!

ちなみに、焼酎を梅風味のシロップで割るのですが、表示を見ると実際には梅果汁は入っていません。(メーカーによります)
これ、口当たりが良いのですが実はガッツリ焼酎なので(キンミヤ使用)、酔っぱらわないように用心用心。



アブラの塩。



レバー(ボイル)、禁止前なら生が食べられただろうに...残念。
でも、これはこれで美味しいのです。



最後に、常連さんが頼んでいらっしゃるのがあまりに美味しそうだったのでウチもお願いしました。
タン元燻製。
スモーキィで胡椒が効いてて美味しい!。



ごちそうさまでした!
FBでアップしたところ、周りの人からあれどこ?と質問多数。
早速食いしん坊なおトモダチたちが出かけたみたいです。
ウチもまた行きたい!

----------------------------------

寅屋 天満

大阪市北区錦町3-12
火~土 15:00~23:00
日 12:00~23:00
定休:月曜日

----------------------------------


ランキングに参加しています♪ポチッと一押し、応援して下さったら嬉しいです!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ


寅屋天満立ち飲み居酒屋・バー / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

夜総合点★★★★ 4.0


2016年7月15日

★オットの新しい着物と、着物ハシゴ酒

さて、花隈 佐々木でのランチのあと。
お昼間からたっぷり美味しいお酒とお料理をいただいたのに、それだけでは終わらないダメな酔っぱらいたちは、元町ヘと繰り出すのでした。どっとはらい。
なんかええ感じなので、モノクロ加工してみた。
ちょっと雨がパラついて来たので急がねば!

という訳で、滑り込んだのは元町の昼から呑めるお店、山田酒類販売 さんへ。
名前の通り、以前は酒屋さんの一角(入り口は別、別部屋な感じ)に立ち呑みがあったのですが、



今回久しぶりにお邪魔したら、キレイに改装されて酒屋さんスペースも全て飲食スペースになってました。
昼間から常連さんの多い賑わいぶり。
確かハイボール呑んだハズ(いろいろあやふや)。
そして、


唐揚げなんかも食べちゃったハズ。


ちなみに、喰いしん坊オットは、この日新しい着物でした。(実際にはもっと前に初おろしでしたが、そのハナシはまた今度)
以前、宮崎の染織こだまさんが、大阪で木綿展を開催された時にいただいたもの。
その時のおハナシはこちら>染織こだまさんの木綿展@大阪へ

阿波しじら。
肌触りよく、軽やかで、この時期大活躍です!



汗かきオットのために、半衿は豆絞りの手ぬぐいを。
しじらの格子柄から一色をとりました。
水玉×チェック、おっさんなのにちょいオトメテイスト。
ちなみにもう着物の下の半襦袢は夏使用。


さてその勢いで、そのまま栄町のバーへ。
ここ、ずっと気になっていた店だったので嬉しい!



ええ雰囲気です。
マスターも気さくでええ感じ。



確か、ダイキリのダブル?を呑んだような。グラスが巨大。
よ、たっぷし!!!



さらにそこから元町商店街方面へ移動。
もう一軒バーをハシゴ。
ちょっと奥まった隠れ家のようなバーなのですが、ときどきお邪魔します。
女性のバーテンダーがいらっしゃるお店。
こちらも常連さんが多くて、落ち着いた雰囲気。


確かハイボールをいただいたような。


ああ、もう呑めない!(ウソだけど、オトナだからね!)
ご一緒してくださったみなさま、ありがとうございました!
後はお家へ帰って爆睡しました。



ランキングに参加しています♪ポチッと一押し、応援して下さったら嬉しいです!


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ


山田酒類販売立ち飲み居酒屋・バー / みなと元町駅花隈駅西元町駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.5