だから鮨にはシャンパーニュって言ってるでしょ!の会 〜magaRi×稲咲

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
投稿日:


いつもお世話になってる、YちゃんのmagaRi主催イベント、
「だから鮨にはシャンパーニュって言ってるでしょ!」の会へ。
シャンパン、というだけでうっとりしてしまうような
シャンパーニュ初心者の我が家2人、
ドキドキしながら参加してきました。
会場は、大石のお鮨やさん、稲咲(いなさ)。
ウチもちょくちょくお世話になってます♪
ところで稲咲さん,カウンターだけの8人も入ればいっぱいなお店なのに
結構な人数の参加者。
一体どないしはるんやろう…?と首を傾げながらお店へ…



おおっと!
いつもの稲咲の看板に…



magaRiの看板が…(^^)
さて、店内は大賑わい。



こんなスタンディングスタイルで。
うーん,入るもんやわ!!
今回はオット共々キモノで伺ったのですが、食べるのと呑むのに夢中で
着姿がないわー。
この日は元町の最旦館ケイコさんでいただいた「付け下げ小紋」?とやらで。
このキモノ、
柄自体は小紋、ペイズリーのような柄が全面に入っているのですが、
柄の入り方がランダムではなくって、粗いところと密なところ、上下があって
広げてみると全体の柄が繋がる様に仕立てられている、
といった感じかな。
まあ見た目は「小紋」なので、
小紋的に着てます。
ということは,呑みにいく時に着てるということやね(^^;;

続きを読む前に…♪ポチッと一押し、応援して下さったら嬉しいです!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ


さて、駆けつけ一杯!はシャンパーニュではなく
ロワール地方のスパークリング、
Louis de Grenelle Cremant de Loire Brut 。
ええと、ぜったい名前が覚えられないのでカタカナで書いとこう。
ルイ・ド・グルネル・クレマン・ド・ロワール・ブリュット ね。
あってるかな?



ハゲの薄造りと合う!
薄造りに肝をちょっと乗せても旨い!



続いて写真の右側、
Simon Selosse Champagne Grand Cru Blanc de Blancs Extra Brut Premieres Saveurs
シモン・セロス シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット ・プルミエール・サヴール
長過ぎます…覚えられん。
シャンパーニュの感想を
私ごときが書くのはあまりにも恥ずかしいので…(-” -)
(語彙がない)



たらの白子や



坂越の牡蠣の濃厚な旨味と合わせて。



私今まで牡蠣にはなんだかんだいっても日本酒だよなーって思ってたの。
ワインと合わせるより。
フランス旅行で牡蠣食べまくってた時も,最終的には
「あー、日本酒欲しい!」って思ったし。
ああ、でもこのシモン・セロスと牡蠣、とても美味しい!

とりあえず今回はここまで、ちょっと続きます♪ポチッと一押し、応援して下さったら嬉しいです!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント コメントを追加

  1. ぽん より:

    ウーン、そですか。
    泡やったらワインでも、和食、しかも生魚類に合いますか。牡蠣と普通の白ワインって、定番のシャブリでも生臭いのに、泡が臭みをすっきりしてくれるんでしょうね。
    試してみたい。が、やっぱり日本酒になだれ込みそう~(笑)

  2. より:

    >ぽんさん
    泡だから、というかこのシャンパーニュが合った、という感じなのかな?
    今回「コレにはコレね」という感じで出されて、
    他のと合わせたら「あー、イマイチ!」だったり。
    Yちゃんと大将の手のひらでコロコロと転がされてしまった感じです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA