この季節の軽い木綿、ボケボケ帯締め・はっきり帯締め。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
投稿日:


世界一辛い料理「ブータン料理」を限界まで食べる会に行ったときの着物はこんなでした。

だいぶ前にはきもの・きもの弥生さんでいただいた、現代ものの木綿。
弥生さんというとバリバリ・アンティークなイメージですが、一部こういった現代ものも扱ってらっしゃることもあるのです。
そして私はアンティークものはサイズがキビシいので(^^;;
産地は不明なのですが、軽くしぼがあり、やや薄手でしなやかな木綿。
今の季節にぴったりです。
そういえば、九月に入って急に涼しくなったものの、まだ一度も正絹単衣に手を通していない…湿度がイマイチ高いのですよね…。
同じ着物で、先日魚崎の濱田屋さんへワインをいただきに。

そこにひっかけてあった(出しっ放しになってたとも言う)芥子色の帯締めをちゃっと結んだら、色合いがなんだかボケボケ。
なので、

同じくそこにひっかけてあった(以下略)紺色の帯締めに変えたら、まだマシかな?
帯揚は着物を解いたハギレを利用。ハリがあって締めやすい。
帯は普段にヘビロテのポリノジックのヤツ。
木材パルプの再生繊維なんですってね。とても軽くて締まりがよい。
帯板入れるの忘れてたので、写真撮った後に慌てて滑り込ませたのは、ナイショナイショ…。

ランキングに参加しています♪ポチッと一押し、応援して下さったら嬉しいです!

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA