件のミイラって… 妖怪幻獣百物語

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
投稿日:


さて、ミイラを観に、グランフロント大阪で開催された妖怪幻獣百物語へ。

妖怪幻獣百物語公式サイト
すみません…とうに終わった展覧会のお噺です。

なんでこんなポップにしてしまうのだ!?
ちょっとテンション下がるわ…。
でも、展示自体はすごくよかった!
絵巻物も充実してたし、なんといっても各種ミイラがたっぷり!
人魚なんて、子供の頃読んでた雑誌の「怖い話」とか「日本の妖怪」みたいなコーナーによく登場してたヤツだわ!実物をこの目で見る日が来るなんて!?
当時ドキドキしながら読んでたなぁ…。
妖怪を図柄に用いたキモノなども素晴らしかった!着てみたい!
しっとりとした百鬼夜行柄の訪問着とか、欲しいわぁ。
鳥天狗のミイラとか、雷獣とか、なんかもう突っ込みどころ満載なのですが、当時の人が何を考えて作ったり祀ったりしていたのか、想像するだけで面白い。
こんなん見てたら、私も何か作りたくなるわ…(アホですねぇ)
そして今回の展示のメインは「件(くだん)」のミイラなのですが…ご存じない方のためにちょっと説明。
「件(くだん)」というのは、日本に古くから伝わる妖怪なのですね。
牛の身体に人間の頭を持っていて、牛から生まれるのだそうな。
生まれ落ちると、いくつかの予言(作物の豊作か凶作か、天変地異などけっこう重大な予言をするらしい)をして、死んでしまうらしい。
その予言は絶対覆ることがないという。
比較的最近だと、漫画「ぬらりひょんの孫」なんかにも登場しましたね!
ラノベだと「少年陰陽師」とか。興味のない人には興味のないハナシでごめんなさい。
このイベント、なんと

件のみ撮影可、なのですよ!
待ち受けにはせぇへんけどさ〜。

赤い鳥居の向こうに、鎮座まします件さま。

牛の身体に人間の顔。
ミイラというより、質感が昔の学校の給食のコッペパンに似ています。
昭和のハナシですけどさ。

愁いを帯びた横顔。
人の顔ですが、毛皮でできています。
頭のつむじがチャーミング。

若いのに地味すぎると言われた二人(^^)
妖怪幻獣百物語,堪能しました!

ランキングに参加しています♪ポチッと一押し、応援して下さったら嬉しいです!

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA