搾ったお酒の行方 〜明石・茨木酒造で酒絞り

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ


えっさほっさと酒絞り。
次の人にバトンタッチして,
私たちは次の行程へと向かいます。

隣の蔵では,瓶詰め作業の真っ最中。
この日ばかりは,全ての作業がこの会に参加している人たちのもの。
先ほどの真っ白なにごり酒は,
まだまだこれから搾りが続きます。
なので,こちらで今瓶詰めされているのは
別のお酒。
こちらは機械で搾られたお酒。
糟歩合が違い,またさらに濾過もされているので
もっと透明です。(市販のうすにごりくらい)
あの,どろりとしたお酒もこの後瓶詰めされますが
その時にはノズルを変えるのだそう。
だって,すぐに詰まっちゃいますからね(^^;;

タンクからチューブで濾過装置を通り,
8つの口から,ぶしゅーーーーっと瓶へ注入されます。
規定の量で,ぴたっと止まる優れもの。

瓶を差し替えるのは手作業で。
これもサポーターたちががんばります。
チーム・割烹着も,ファイト!!

それを,細いベルトコンベアの上に…

続きを読む前に…ポチッと応援お願いします♪



ベルトコンベアがことことと進むと
ライトボックスの前で検品作業が。
不純物の混入がないか確かめます。
くどいですけど,
これもサポーター。
(今日瓶詰めされたお酒は,全てサポーターの手元に渡り
市販されることはありません)

まるで現代アートのような美しさ…。


それを,いっぽんいっぽん手作業で
封をします。
ぶしゅっと,なかなか力のいる作業。

ラベル貼りも手作業で。
ラベルには,サポーターたち二百数十人の名前が。
さあ,一通り作業をすると,
お疲れさま!の大宴会です。
とはいっても,全て持ち込み。
自分の肴は自分で用意してくる,という趣向だそうです。
あらー,私は今回全ておトモダチにお任せしてしまったわ…。
さてさて。

話,なかなかすすみませんが,
続きを読んでやってもいいでー♪
と思ってくださる方。
更新の励みになってます♪ポチッと応援お願いします♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント コメントを追加

  1. さなえ。 より:

    来楽、おいしいですよね♪
    私の前勤店舗でも人気商品でした。若社長がイケメン(笑)なんですよね☆
    私も早く酒豪班に復帰したいぞー。

  2. ttanabe@ケンちゃん より:

    偽蔵人です(^^;
    イケメンの若旦那
    残念ながら(?)
    この4月に御結婚されました
    蔵の前まで花嫁行列をされたので
    見に行ってきましたよ
    http://d.hatena.ne.jp/ttanabe_com/20080405#p3

  3. より:

    さなえ。さん>
    実は私,今回初めて知ったんですよ!
    美味しかったわ〜。
    男前若社長お会いしましたよ!
    キュートですよねぇ。
    あ,さらにイケメン蔵人も入ってました。
    必見!!

  4. より:

    ケンちゃん>
    どうもありがとう〜!
    とっても楽しかったです♪
    あら,若社長結婚してたの?
    残念!!>って何がや!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA