林家染二さんの落語会 in チルコロへ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
投稿日:


淀屋橋のチルコロさんにて開催された、林家染二さんの落語会へ。
…といっても実は五月のおハナシです。
相変わらずアップが遅くて、しかも新旧入り乱れてごめんなさい。
東日本大震災チャリティきものバザー と ぶら空堀まつりへ行ったあとのことです。

気合い入りすぎて、一番乗りでしたわ!
お座布団がなんだか、和菓子のような配色で、思わず写真撮っちゃった。
この後にイス席が並んでいるので、長時間の正座に自信のない私はイス席へ。

あっという間に満席に!
そして、染二さん登場!
いつもなら、「おもろいおっさん」こと、日本笑い学会副会長の熊谷先生が登場されて落語についてのアレコレを面白おかしくお話しくださるのですが、この日は体調不良でお休みでした。
残念。
そして後日、お亡くなりになったことをお聞きしました。
あの名司会をもう観ることが出来ないのかと思うと、本当に残念です。
ご冥福をお祈りします。

さて、染二さん。
※画像は枕の間の撮影です

染二さん、いつもお洒落なんですよね〜!
この日は五月でしたので、まだ袷です。
一席目は「寝床」。
とある大店の旦那さん、義太夫が大好きだけどものすごーく下手で。
でも人に聞かせたくてたまらない。
店子や使用人たちを集めて聞かせようとするけれど、みんなあの手この手で逃げまくる…という、ジャイアンリサイタル状態。
さて、機嫌を損ねた旦那さんは…というおハナシ。
その旦那さんと長屋の面々や、番頭さんとの丁々発止のやり取りが何とも面白くて大爆笑。
人気のあるネタなんでしょうね。
今までにも幾度となくいろんな方が演じられるのを聞いてます。
そして二席目は

「一文笛」という人情もの。
この「一文笛」私は初めて聞いたのですが、米朝師匠の創作なのですね!
染二さんの演じる兄貴(今は足を洗って堅気になっている)の、渋いことカッコいいこと!
染二さん自身がとってもオトコマエなので、もうホレボレしてしまいます。
弟分のスリが、匕首で指を落としてしまうところでは、もう息をのみました!
ところが…!という、思わずくすりと笑っちゃうオチまで、夢中でした♪
落語をたっぷり楽しんだあとは、染二さんを囲んでの楽しい宴会が。
そのおハナシはまたあとで!

ランキングに参加しています♪ポチッと一押し、応援して下さったら嬉しいです!

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA