芭蕉布のワンピース 〜白保・紗夢紗蘿(さむさら)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ


沖縄日記,ゆるゆると続いております。
波照間の旅の最後は,
あっけないものでした(^^;;
台風のため,とりあえず強制退去。
3〜4日島に閉じ込められてもいい人たち以外は
臨時便の船に乗って,石垣島に戻りました。
その夜は,チームたましろで残念大宴会だったんですけどね(^^;;
明けて翌日。
な〜んも予定なく,ちょっと疲れも出て来たところで
宿でウダウダゴロゴロ。
午後になって,数年前から気になっていた
白保のお店にいくことにしました。
やちむん館工房 紗夢紗蘿(さむさら)
市内にも支店があるのですが,
白保には工房があり,古い芭蕉布が見られるというので
行ってみたいと思ってたんですよね。
青珊瑚で有名な白保の浜を過ぎて,
延々とサトウキビ畑の中を走っていくと…
鬱蒼とした林の中に,小さな建物。
実はこのころ,台風の後片付けで大変な時だったのでした。
申し訳ない…。

残暑厳しく,日が燦々と照る外から,一歩中へ入ると
薄暗くてひんやりとした空間。

古いキモノや,沖縄の焼き物,民芸品などが
ところ狭しと。

古い芭蕉布や上布が多く揃っているので,
お店に居合わせた他のお客さんは,
リメイクする素材を探しにこられているようでした。
比較的新しいそのまま身につけられる着物や帯もありましたが,
それよりも圧倒的に,もっと古い素材がわんさと…(@0@)

軽い!
さらりとしている!
古い芭蕉布をリメイクしたワンピース。
「非売品」でした(;_;)
いや,もし値段がついていたとしても
私の手にはいる値段ではないハズ。
だって,ものすごーくステキな芭蕉布リメイクの羽織ものが
¥370,000だったんだもの…(T^T)
ああ,でも羽織らせていただいたら,
蝉の羽のように透けて,ホントに軽い,
ステキなロングジャケットでした。
あ,もちろんもっとお値ごろのもあります(^^;;
でも,上を見てしまうと…ああ,お金もちになりたひ。
私,キモノリメイクのお洋服ってなんだか苦手なんですが,
このワンピはかわいかったなぁ〜。

店の奥には作業スペースがありました。

制作途中のワンピース。
とっても軽そうでした。
やっぱりその土地その土地に,
風土に適した布があるのね…。

続きを読む前に…ポチッと応援お願いします♪


すごーくステキだったのが,
月桃(げっとう)の葉を編んだ,大きな敷物。
厚みがあって,居御座のようなもの。

これは今たったひとりのおばあちゃんが,
手編みしているので,
受注生産だそう。

月桃の,いい香りが漂います。

壁にかけられた傘は,
なんだかオブジェのよう。

焼き物や,地元のアーティストの布の作品も並んでいます。

軒下には,これも月桃で編まれた,草履がたくさん。
足にひんやり心地よくて,
さすがに敷物には手が出なかったので,
こちらをいただいて帰りました。

庭の大木。
とにかく緑が濃くて…

あれ?似たようなのをどっかで見たぞ?

ああ,こんな感じ?

着物の情報満載のブログ村はこちらへ!
更新の励みになってます♪ポチッと応援お願いします♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント コメントを追加

  1. reiko より:

    トトロ!!
    笑えました(^^)
    沖縄日記。
    着物姿のときとは印象の違うむさんが見れて楽しいです。
    オットさんはホントに「ハフン」って言ってらっしゃるのかしら??
    (ハートマークが付けられないのが残念)

  2. より:

    reikoさん>
    沖縄のときは(いや,いつもか?)
    ホント,だらだらのでれでれです(^^;;
    沖縄で,この日記の頃(9月半ば過ぎ)に
    ちゃんと袷を着てらっしゃる方を見かけて感動しました。
    そのかたわらで,普通に浴衣も売ってるし,
    浴衣着てる人もいるんですけどね(^^;;
    日本は広いわぁ。
    オット,本人は「はふん」何て言わないっていうんですけどねぇ?
    でも,鼻が「はふはふ」してます (^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA