スマール・クニンでバリアートを買う 〜2013バリ旅行7

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
投稿日:


今回ウブドでの滞在中、昼間はカーチャーターをお願いしてあちこち動き回る予定にしました。
なんてったって、あっち行きたい!こっち行きたい!のワガママな旅だったので…(^^;;
バリ島には、公共の鉄道はなく、路線バスもほとんどなく(途中でバス停は見かけたけれど、本数も少なく路線も限られているらしい)、なかなか大きな移動が難しいとのこと。
またタクシー事情もけっこうめんどうくさい(^^;;
町を歩けばタクシーの客引きもめちゃくちゃいるし(はっきりNOといえば、あんまりしつこくはなかった)、
値段交渉もけっこうめんどうくさいし、
いろんなガイドには「ブルータクシーがいい」って書いてあるけど、真似っこ大国?バリではなーんちゃってブルータクシーいっぱいいるんやもん。
ま、そんなことを実感できたのは現地に行ってからのこと。
さらに今回の私たちの希望は、
・絵画を買いたい!
・ダブルイカットの工房へ行きたい!
・バティックの工房へ行きたい!
・地元の人のワルンでごはんを食べたい!
などなどと、けっこうアート・工芸寄りで、移動距離もむちゃくちゃでした(^^;;
タクシー事情にもガイド事情にも明るいぶどうさん、ちゃんと前もってよくよく検討して、アート・工芸方面に明るい、日本語に堪能なガイドさんを!とチャーターバリさんで車とガイドを予約してくれてたのでした!
重ね重ねありがとう、ぶどうさん!
結果としてこのガイドさんが大当たり!本当によくしてもらったし、楽しい旅行になりました!
ガイドさんとしても技術ももちろんだけど、一緒に行動するからには相性が良くないとね♪
ぶどうさんのこの日の日記はバリ島13’ その6. サテイカンでランチでご覧下さい♪
さて、ガイドとして現れたパンちゃん&ムラくん。
パンちゃんは日本語堪能で、バリの家具を作る村の出身。
そして、日本のバリの家具や雑貨を扱う会社で働き、日本に住んでいたこともあるとのこと。
なのでアートに造詣も深くて話も面白かった!年代が近いのも楽でいいかもね。
まずは遠いところから向かおう!と、最初はバリのダブルイカット「グリンシン」を見るために、トゥンガナン村へ向かうことに。(グリンシンについての詳細はまた後ほど)
その道すがら、各希望を効率よく埋めて行こうという話に。
今回の旅行をgoogle mapにまとめ中。
随時追加して行きます。


バリマップ2013

※クリックするとgoogle mapを表示します。
地図のポイントは、おおよその位置です。明確な住所や位置がわかっていないところも多いので…(^^;;

うーん、けっこうな移動距離ね。
無茶ぶりしてたわ…
その移動の途中に、今回の目的のひとつであるバリアートのギャラリーへよりました。
ぶどうさんが、おウチの壁にかけるバリの絵を探していたのです。
もちろん街中にもたくさんのギャラリーがあり、お手頃価格のお土産物レベルから、有名なアーティストのものまでホントに様々。
今回連れて行ってもらったのはパンちゃん曰く「共同組合みたいなもの」。
地元のアーティストを育成する学校でもあり、多くのアーティストの作品を扱うギャラリーでもある大規模な施設。
後で調べてみたら、Semar Kuning スマール・クニンというところでした。

鬱蒼と茂る大きな庭?森?の中の、これまた広い建物。

入り口では、数人のアーティストが作品製作中。
おそらくこれはある種のパフォーマンスと思われ。

彼は現在、キャンバスに竹ペン(竹を削って先に絵の具などをつけて描く)に墨で線描き中。
近年のバリスタイルは、着色にはアクリル絵の具を使うことが多いらしい。

建物の中は撮影一切NG。
大きな部屋がいくつもあり、その部屋ごとに違うスタイルの絵が集めてありました。
手前の部屋には修行中の若いコたちが描いたらしい定型的な小さいサイズのプルメリアの絵などがごろごろと。
これはすごく安くて、お土産向きかも。
こうやってがんばって修行したコが、またいつかアーティストとして羽ばたいて行くのかもね。
現代アート風の、大胆な作風の部屋もいろいろ。
ライステラスや、バリ舞踊、民族衣装などの人気のモチーフを描いた作品もたくさん。
でも、私は伝統的なバトゥアンなどに興味があったので、そのスタイルを踏襲しているアーティストたちの部屋に興味津々やったわ。
こんなん欲しいかな〜っていうのは、哀しいかなとても手が出るものではありませんでしたが…orz
パンちゃんに「見る目があるねーwww」となぐさめられたわ…でも先立つものがないのよ。
今大人気だと言う I Ketut Soki ソキ氏の作品もあったわ。
すごく緻密でポップな絵。

撮影はできなかったので画像探してみたら…ネットでも売ってたのでビックリ。
ぶどうさんは、気に入った絵を選んで気に入った額に入れてもらい、
パンちゃんに交渉してもらって、納得できる手に入れたもよう。
また飾ったところを見せて欲しいわ〜!
—————————————-
Semar Kuning スマール・クニン
Lodtuhduh, Ubud
974080 
8:30〜18:00
—————————————-

ランキングに参加しています♪ポチッと一押し、応援して下さったら嬉しいです!

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA