スリランカカレーのカラピンチャ、実店舗へお邪魔してきました

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
投稿日:


今まで水道筋のティダチチサロンで曜日限定営業されていたスリランカカレーのカラピンチャさん、去年の暮れに同じく水道筋にて実店舗をオープンされました。
当時のお店はこんな様子>休日のお昼、今度はスリランカカレー 〜カラピンチャ KARAPINCHA
年明けオープンの日一番乗りでお邪魔してきましたよ♪

阪急王子公園駅降りて、ホントにすぐの便利な場所。
ウッディでナチュラルな外観、鮮やかなブルーとオレンジがポイントね。素敵!

看板もかわいい♪

お店の前には、青々と繁るカラピンチャ(カレーリーフ)が。
このカラピンチャ、主に南インドやスリランカで葉っぱを香辛料として用いるのです。
我が家でもベランダで栽培しているのですが、葉っぱがホントにカレーの複雑なスパイスの香りがするの!
洗濯物が触ったりしただけで、ほわ〜んと漂う異国の香り。
喰いしん坊オットのシャツは、ほんのり加齢臭カレー臭が…ウソウソ。
家でもカレーに使ったり、炒め物に使ったり。
これがあるとなしでは、カレーの味がホントに違う!
さて、シャッターが上がると同時に店内へ。
そして続々とお客さんが入ってきて、店内はあっという間に満席に。人気ね!

基本は本日のカレープレート。
・チキンorエビのカレー
・レンズ豆のカレー
・大根の煮物
・茄子の和え物
・ココナツのふりかけ
・揚げせんべい
お子様のカレープレートもある模様。
それにオプションでルヌミリス(薬味)やアンブルティヤル(マグロを煮たヤツ)などを加えたり。

お米はジャポニカ米なのね。
辛いもの、スパイシーなもの、甘みのあるもの、
ねっとりしたもの、パリパリしたもの、柔らかいもの、
全部をごちゃごちゃと混ぜて、渾然一体となったときの美味しさときたら…!!!

カレーはエビとチキンを。
野菜のアチャールがさっぱりと酸っぱくてこれまた美味しくて。
そうそう、今回追加で頼んでみたものが、コットロティ。
小麦粉を溶いて、薄く延ばして焼いたもの(甘くないクレープのようなもの)をロティと呼ぶのですが、そのロティを小さく刻んでカレーや具材と混ぜて焼くのだそうです。
なにそれ?なぜわざわざ生地を刻んじゃうの?興味津々。
注文すると、やがてオープンキッチンのカウンターの方から激しいリズミカルな金属音。
カンカンカンカン…カンカンカンカン!!

激しく刻んでます!
あああ、ロティがあっという間に木っ端みじんに…!!

これは例えるなら…そう、そばめしっぽい!
不思議な食感。でもスパイシーで旨い!

食後にキリバニ(ヨーグルトに蜜をかけたもの)がつきます。
ホットなお口に心地よい甘さ。
美味しかったー!堪能しました!
———————————————–
カラピンチャ (Karapincha)
078-805-3039
神戸市灘区王子町1-2-13
11:30〜16:00
定休日:月曜
———————————————–

ランキングに参加しています♪ポチッと一押し、応援して下さったら嬉しいです!

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA