塩ジンギスカンを堪能する!八仙 〜北海道旅行12

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
投稿日:

飛び飛びながら、北海道旅行のおハナシ続き。これは冬のさなか、1月半ばのおハナシです。

開陽亭で七色に輝くイカのお刺身をいただいた後、さすがにちょっと疲れてホテルで一休み。その後また札幌の夜へと繰り出しました。

お目当てはこちら、八仙。

こちら、神戸から北海道へ転勤中のおトモダチのおすすめ。美味しいものを良くご存知の彼女のおすすめ、行かずにはいられません!!それにしても、塩ジンギスカンって何!?ジンギスカンって言えば、タレで食べるものなのかなーくらいの知識しかなかったのでびっくり!

詳細を調べてみようとしたら…検索キーワードで「札幌」「八仙」と入れると、「嵐」が出てくる。何じゃこりゃ!?

どうやら、八仙には二号店があり、そこへ嵐のメンバーがコンサートの後に来たりするらしい。まー!

人気店なので早めの予約が必須のようです。ともだちのおすすめはきっと一号店よね、と電話してみたところ、遅い時間だったせいか運良くするりと入れました。

雑居ビルの地下一階、奥まった所のこじんまりとした感じ。

壁には音楽関係のポスターやお客さんの名刺が処狭しと重ねられて。ああ、なんだかこういうの懐かしい!昔、京都勤めのころ通ってた居酒屋さんだのバーだの、こういうとこいっぱいあったなぁ…。

お通しの刺身くらげは大振りで、食感がコリコリして美味しい!さっぱり!

山ワサビがつーんと効いてます。山ワサビ、ハマるわ〜!

さて、メニューはもうこれのみ!の塩ジンギスカン。

ちょうどお客さんも引け、常連さんらしきおにーちゃんとウチだけだったので、おっちゃんがあれこれと世話を焼いてくださいました。

ささっと網に肉を乗せると、もうもうと立ち上る煙!ああ、たまらん匂い!!

胡麻とネギとごま油のタレ

唐辛子は色ほどに辛くなく、むしろ葱の方が辛い!ピリッと締まります。

お肉にのっけていただくもよし、シンプルな塩の味付けでお肉だけで楽しむもよし。

旨い!!!!めっちゃ旨いよ〜〜〜〜〜!

生ラムなんだそうな。生ラムって何!?しらないことばっかり。

生ラムというのは、冷凍させずに(関西でいただいたころがあるのは冷凍してあった)生のまんま流通しているんだそう。さすが北海道、羊の生産が盛んなのね!?と思いきや、現在では大半が輸入品なんだとか。それでも羊食文化が根付いて需要が多いから生で流通できるのかな。この辺確認をとってないので、不明な点が多々あり。

さてそんなことはさておき。

このお肉、柔らかく、ラムの風味がたまりません!美味しい〜〜〜!今まで私がイメージしていたジンギスカンと全然違う!

遅い時間だったので、生ホルモンが売り切れだったのは残念無念。これは次回また行かねば!

まあ、遅い時間だったおかげでおっちゃんとゆっくりお話しできました。大阪の方だったのね。「ひみつのケンミンショー」をTVで見ながら、みんなで突っ込みまくってましたわ。

おっちゃんおすすめの金華豚。

脂が旨い!

お好みで、山ワサビ醤油を。

〆に牛トロライス。

牛トロ丼というのが十勝スロウフードとして名物なんだそうな!タレで味がついているのでそのまま。

これは美味しい!

ぜひ次回は塩ホルモンを食べに行きます!

 

—————-

八仙

北海道札幌市中央区南五条西4 ニュー美松ビル B1F

011-533-2228

18:00~24:00(肉がなくなり次第終了)

定休日:火曜日 祝日の場合は営業

—————-

関西食べ歩きブログのランキングはこちら→にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

着物・和装ブログのランキングはこちら→にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA