友禅がキラキラに!印金工房を見学 〜友禅教室番外編・その3

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
投稿日:

 
「水元」の工程を見学した後は、
順序的にはこれから、色を挿していく「挿し友禅」の工程に入る訳ですが、
今回は一足早く、色を挿し終わった友禅に、金を施していく、
「印金」の工房を見学させていただきました。
今までの友禅教室レポートはこちら> 
京都の北の、閑静な住宅街。
一見普通のお宅の一室で、その先生は黙々と作業をされていました…



筒に接着剤を入れたものを、
金を置く部分に、絞り出していきます。
この時、どこにどれだけの金を施すかは、
事前に打ち合わせはあるものの
ほとんど熟練の職人さんにゆだねられているそう。



使用する口金によって、
接着剤を絞り出す太さが変わります。
あ、この持っている手はおともだちのMちゃん。
職人の先生がネイルアートをしている訳ではないのよ!
って、当たり前か…(^^;;
さて、接着剤で柄を描いたあと…



ピンセットで、そーろーーーっと金箔を乗せていきます。
くしゃみでもしたら大変(@0@)
見学している私まで、なんだか息をひそめてしまったわ。



金箔を、手でそっと押さえて、なじませて。


続きを読む前に…ポチッと一押し,応援してね♪
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ


そのあと、また優しく優しく、
ブラシのようなもので掃いて、不要な箔を取り除いていきます。



すると。



金を施す前の友禅。
これだけでももちろん、とても美しいものなのですが…



品のいい金の輝きが加わり、
よりいっそう、美しく豪華に!



きりりと引き締まった感じがします!
うっとり♪
それにしても気になるのは、
先ほど払い落とした金箔。
箱の中には、たくさんの金箔屑が詰まっていたのだけれど、
あれはもう使えないの!?
金よ金!!<貧乏性(^^;;
先生にお尋ねすると、
「また別の用途があるんですよ〜」
とのこと。



下に穴の空いた容器に入れて
さっと振るうと、金砂子に。
色んな工夫があるものです!


更新の励みになってます♪ポチッと一押し,応援してね♪
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメント コメントを追加

  1. この間、都メッセに行って、箔師さんのお話を聞いたけど、金箔、銀箔ってすっごく繊細よね~
    夏も冬も冷暖房なしっておっしゃってたわ。
    むさんが息をひそめてたのが本当に分かるわ~

  2. より:

    >きょうこさん
    都メッセって、面白い取り組みをいろいろしたはるらしいね。
    私も一度、興味がある講座やイベントの時に参加してみたいわ!
    そう、箔師さんだけでなく、
    染めもん屋さんも、みんな冷房なし・暖房なし
    下手したら換気さえできなかったりするらしい…。
    ホンマ過酷よね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA