紫の縞、三様 池田重子コレクション 日本のおしゃれ展ー最終章6

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
投稿日:

池田重子コレクション 日本のおしゃれ展ー最終章のおハナシ、ゆるゆるずるずるアップしております。

前回のおハナシはこちら>
池田重子コレクション 日本のおしゃれ展ー最終章 まずは羽織にどっぷり
THE☆アンティークな花尽くしたち 池田重子コレクション 日本のおしゃれ展ー最終章2
若草色ってやっぱり品がいいわ… 池田重子コレクション 日本のおしゃれ展ー最終章3
大胆にして繊細 池田重子コレクション 日本のおしゃれ展ー最終章4
相も変わらず、地味好き… 池田重子コレクション 日本のおしゃれ展ー最終章5

先日アップした日記、「相も変わらず、地味好き… 池田重子コレクション 日本のおしゃれ展ー最終章5」ですが、誤って一部を上書きしてしまいました…orz
もうあきらめて、5のデータは上書きしたままに。
最初にアップしていた「海面きらめく広重の品川沖」の画像とテキストがぶっ飛んでしまいましたので、こちらにうろ覚えながら再アップします。ちょうど縞ばっかりだしね。しかも紫ばっか。

「縞」と「紫」、どちらも私の大好物です!

というわけで、まずは「海面きらめく広重の品川沖」から。
たしか透ける紗の着物にちょっと光沢のある紫のグラデーションの縞が、まるでフランス輸入リボンの専門店で見たチュールリボンのようだった、とかなんとか書いたような。

帯は広重の「東海道五十三次・品川」 をモチーフに。
そう思うと、この縞が今度は波に見えてくるから不思議。

ずずずいーーーっと寄って見ると、小さな小さな帯留めが蚫、そして真珠が一粒。

こちらも小さな小さな帯飾りが、帆掛け船。海にまつわるコーデ、徹底してます。

一つ目が艶やかな紫の縞なら、こちらはぐっと渋い紬で紫の縞。

「鮎が遡上する清流」

こちらは紫の縞を川の清流に見立てているのですね。

近寄って見ると、ぼかし縞だったのでした。
刺繍の荒波に、銀の細い帯締、そして翡翠の鮎。翠が鮮やか。

こちらの縞は、なんとも大胆で華やか!

「黒と紫、それから白の語らい」

半衿もなかなかアクが強い…

螺鈿の大振りな帯留め、帯は萩にトンボの金・銀駒刺繍。

 

 

「紫の縞」三者三様、楽しませていただきました!

 

 

まだまだ続きそうです。

関西食べ歩きブログのランキングはこちら→にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ

着物・和装ブログのランキングはこちら→にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ


博多織 半幅帯(小袋帯) 西村織物 謹製 長尺 幅広 「真田間道」 博多帯 正絹 縞(ブルー グリーン) 帯結び アレンジ 長め 巾広【H】 つゆくさ 送料無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA