夜のお供はバリスイーツ 〜2013バリ旅行24

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
投稿日:


ゆるゆるとバリ旅行のお話。
今までのバリ旅行のおハナシはこちら>
今回の旅行をgoogle mapにまとめ中。
随時追加して行きます。


バリマップ2013

※クリックするとgoogle mapを表示します。
地図のポイントは、おおよその位置です。明確な住所や位置がわかっていないところも多いので…(^^;;

後発組と無事合流後、ホテルの近くで晩ご飯を食べ、そのあとはホテルでまったりガールズトークタイム。
今回の旅行のメンバーはとにかく酒豪チームなので、日本にいたら晩ご飯の後二軒三軒とハシゴするところですが、ウブドはあんまり呑むところが豊富じゃないのね。
それに、気候のせいかあんまりお酒が欲しくならない…ビールはやたら欲しいけど。
部屋では、アラック(椰子の蒸留酒)を呑んでダラダラおしゃべり。
ガイドのパンちゃん曰く、
一番人気があるのはコーラ割り(それ、コーラの味やん!)
次に人気があるのはポカリスエット割り(それ、ポカリスエットの味やん!)
という訳であまりお酒が進まず。
あ、ジンジャーエールで割ってみたのが一番美味しかったかも。
でも、ジンジャーエールの味やん!!
では、センゴール・ギャニャールのクエ(お菓子)屋さんで買ってきた、クエを食べましょう!

↑こんなお店ね。
いろんな種類があるので、調べてみたら…
やっぱり頼りになるバリ島ナビ
詳しい説明が載ってました。
以下、バリ島ナビなどあちこちを調べながら。
———————
バリ島のクエたち、なんだか見た目が和菓子っぽいと言うか、なんだか馴染みがある感じなのです。

あるある!
こんな和菓子あるよね!?
これはクエ・ブンドゥ。
薄いクレープ状の皮で、くるりと巻いてあります。
中身は、和菓子だったらアンコかな?
でも、ここはバリだから…

中身はココナツフレーク。
だもんで、甘さはかなり控えめでナチュラル。
海外でお菓子を食べると、けっこう強烈に甘かったり、身体に悪そうな人工的な味がするものもあるけれど、バリのお菓子は全体的に甘さ控えめで素朴。

こちらも、上のと似た形だけど、ちょっと皮の質感が違う。
見た目はチョコレート?でも、黒糖かな?
甘さ控えめ、というかあまりに穏やかすぎてちょっとボケた感じがしなくもない。
でも、中身は、

バナナ!
このバナナが甘めで、けっこうイケルかも。

カラフルな一口サイズのお団子は、クレポン。
これも、和菓子…というより、駄菓子にあるある!!
でも当然、中身はアンコじゃなくってグラ・メラ(ココナッツのシロップ?というか煮詰めたような甘いヤツ)。
周りの白いのはもちろんココナツ。
もう、バリのはお菓子もお酒も、ココナツ・ココナツ・ココナツなのね。
なんてお役立ちなココナツ。
バリのお菓子は、もともと神様に捧げるお供え物として発達したものだそうです。
ああ、そうなんだ!
なんだか日本のお仏壇にお供えしてあっても、おかしくない感じやわ。

これも、あるある!
ちょっと焼き目がついたお団子。
中身はバナナ。
外側の皮が…これは何なんだろう?ちょっと固めのモチのような?ちょっとブツブツしたような?
不思議な食感。
味はバナナの素朴な甘さだけで軽くイケちゃいます。
カチャン(ぜんざい風)も素朴な味で美味しかったけど、写真撮るの忘れた…orz
フルーツやお豆がたっぷり入って、健康と美容に良さそう!
このあとは、同じく市場でパンちゃんに選んでもらったマンゴー(激甘!ウマい!)をいただいて、早めに就寝。

ランキングに参加しています♪ポチッと一押し、応援して下さったら嬉しいです!

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA